横浜三四会ホームページ開設に寄せて

会長

 横浜三四会のホームページを開きましたら、何とも美しいヨコハマの情景が広がりました。この度は貴支部独自のHPご開設を心よりお祝い申し上げます。

 私ども慶應義塾大学医学部三四会は、全国に数多くの支部を設けておりますが、ここ横浜三四会は1988(昭63)年創設以来、大変活発に活動を行われ、とりわけ2007年より第3代目の会長となられた八十島唯一君は、信濃町の三四会本部はもとより各地の慶應義塾及び三四会の催しに積極的に参加され、貴重な発言をされてこられました。

 この度、画期的な試みとして支部会のHPを立ち上げられたことは、時代を先駆けた最新医療情報の開示や報告、そして会員間の連携に大きな役割を果たすと期待されます。

 

 普段ご多忙な各会員諸侯は中々一堂に会する機会を得られることも難しいかと思いますが、この様に目にも鮮やかな楽しめるホームページは、実践と楽しみにも役立ち、今後の発行が大いに期待されるところであります。

 横浜支部会長・八十島君とは、出身の高校も同じく、医学部の同級で且つ学生のポリクリ時代には同じグループでありました。このような優秀な同級生をもち、改めて敬意を表します。折しも、私は三四会長と共に、今年の5月より塾長のご要請で慶應連合三田会の会長の重責を担う事に成りました。連合三田会のコンセプトを、垣根の無い和の輪をつくろうと呼びかけております。皆さまも広く大きな輪をつくって頂きたくお願い申し上げます。

 今後の横浜支部会ご発展を祈りつつ、折々のホームページを開く楽しみを得たことに感謝を捧げます。

三四会長    比企能樹(37回)
2013年11月